おはようございます。久々の投稿です。
もうすぐ新学期スタートですね♪
 
 
最近「子ども向けプログラミング教室が人気」といった記事を、
テレビや新聞で見かけるようになりました。
とても喜ばしいことです。
2019年から、小中学校の授業にプログラミングが入るかもしれないので、
今後、この人気も上がっていくのではないのでしょうか。
 
 
今日は、プログラミング教室に通ってみたいけど、よく分からないという方のために、
ロボット教室とユアスタイルとの違いを説明いたします。
 
 
ロボット教室は、ブロックでロボットを組み立てて、
プログラミングによって動きを作ります。
ブロックにはセンサーがついているので、
モーターを動かしたり、傾きを測ったり、色々なバリエーションが作れます。
 
例えば、怪獣を作って、口を開ける動きをプログラミングできます。
 
 
メリットは、初めてでも簡単にできて、楽しめることですね。
小学校低学年のお子さまでも、楽しく始められるのではないでしょうか。
特に工作が好きなお子さまにはオススメです。
試行錯誤してブロックを組み立てていく過程で、考える力が身につくでしょう。
 
 
デメリットは、プログラミング要素は少なめということ。
プログラミングが必要な場面は、センサーを動かすことに限られていますので、
ゲームを作りたいとなると、この知識だけでは不十分だと個人的に思います。
 
そして、メーカーによって異なりますが、ブロック購入が高額な場合もあります。
 
 
ユアスタイルは、基本的にブロック講座はございません。
個人レッスンだからという理由もありますが、
ブロックを組み立てている時間を、プログラミング時間にあててほしいからです。
 
 
したがって、内容が少し難しいです。
難しいがゆえに達成感が大きいレッスン内容になっています。
ご興味のある方は、是非体験教室にお越しください。
(4月は満席になりました。5月以降の予定を順次UPしていきます)

Tagged on: